co+shegotoでは女性の起業家支援に対して、大切にしているポイントがあります

※社会変革において大切な、セオリーオブチェンジという考え方をベースにしています。

※セオリーオブチェンジとは?(社会的インパクト評価に関する調査研究参考)

1:参加者同志の関係性の質の向上

co+shegotoが大切にしているのは、参加者同志の関係の質です。

 

起業された方は、孤独を感じることも多いと聞きます。

そこで、私たちは同じ立場や状況にある女性同志が共に考え、共感し、問題に向き合う。そんな関係性を作っていきます。

 

なぜなら、困った時に誰かに相談できるような関係の質を上げていくことにより、多様な意見を受け入れてみたり、話していくことで、視野を広げ思考の質を向上させていくことができます。また、違った業種ごとが協力することにより共創がうまれ、新しい価値を社会や顧客に提供することもできます。思考が変わることにより行動もかわり、結果も変わっていくことができます。

 

co+shegotoでは、関係の質を丁寧に高めていくことを前提に全体のプログラムが設計されています。

2:自身の軸を互いに作っていくこと

※S:同一方向の因果関係(起業・働き方に関する不安が高まれば高まるほど、外部アドバイスが増える。しかし、副作用として依存も生まれる)

※O:逆方向の因果関係(外部アドバイスが増えれば増えるほど不安は解消される)

※//:時間的遅延(すぐには見えないけど、徐々に影響を与える)

起業や働き方に関する不安が起きた時に、起業の仕方、資金集めなどの外部アドバイス(対処療法的)の解決策を取ることが多いです。もちろんそれも大事なのですが、副作用として外部への依存を生み出していく可能性もあります。そして依存は、本質的なところへの視点を薄めてしまいます。

 

本質的な部分、それは、”自分の軸”をつくること。何年も起業をして活躍されている方々に共通しているのは”自分の軸”をもっていることだとわかりました。

 

”そもそもなぜ起業をするのか”、”何を成し遂げたいのか”などが自分の言葉で語れる状態を自分の軸と考えています。その軸がないと、周りに流されてしまったり、外部からの影響でやめてしまったりすることもあります。

 

co+shegotoでは、起業のために必要な、資金について、プロモーションについても行いますが、一番最初に、”あなたのサービスは誰のためにあるのか”、”誰を幸せにしたいか”などの、一人一人の軸を作っていくことを大切にしています